日本のクーポンの現状

日本では、現在、飲食店、美容院、カルチャースクール、スーパーなどでクーポンが多く配布されている。

ターゲットを絞って配布しているというよりは、多くの消費者にクーポンの存在を知ってもらう段階(紙爆弾)にある。

クーポンがアパレル業界で普及してない理由として、季節はずれの商品や売れ残り商品はバーゲンで割り引かれるという点と飲食店に比べ利益率が低い点があげられる。今後もこの状況は変わらないのではないかと考えられる。