クーポンビジネスの時代到来

1960年には、アメリカ内で配布されたクーポンの総数は、50億枚に手が届くに過ぎなかった。

しかし、1970年には3倍以上に当たる164億枚を突破した(クーポンの配布増加は、インフレーションによるところが大きかった)。

さらに、クーポンの配布枚数が再び3倍増加するのに、今度はわずか6年しかかからなかった。

1976年の総配布枚数458億枚、翌77年には620億枚へと増え続けていった。

1980年には964億枚、1990年には2800億枚へと増え続けている。